杉本製茶
ショッピング お問合せ
 
2003年に米国ではじめて開催されたお茶関係業者だけの見本市
Take Me 2 Tea Expo

2006年3月27日から29日まで、アメリカ・ネバダ州、ラスベガスにおいて世界最大の茶関係の展示会「World Tea Expo 2006」が行われました。「北米において成長著しい展示会ベスト50」にノミネートされるほど年々成長を続けるこの展示会に、杉本製茶は2004年以来2度目となる出展をしました。2年前とは比べ物にならないほど大規模になった会場には、世界中から300社以上のお茶会社が出展しており、来場者数は4000人を超え、成長し続ける海外におけるお茶ビジネスの可能性を大いに感じました。

杉本製茶は、ギフト缶を中心に展示し、興味をもっていただいたお客様には試飲サンプルをお配りしました。その結果、パッケージのデザインだけではなく、品質の良さも納得していただくことができ、アメリカ人はもちろん、ヨーロッパの方々にも好評をいただきました。今年のお客様の傾向としては、近年の抹茶ブームを象徴するように粉末茶を原料として探している方が多く、弊社の「のんじゃお(アメリカ名:Powder Sencha)」も予想以上の反響をいただきました。弊社自慢の香り豊かで味わい深い緑茶は、日本人だけではなく世界中の方に受け入れていただけているとうれしく思うと共に、これからも高品質のお茶を世界中の方に提供していきたいと気持ちを新たにしたイベントだったと思います。



World Tea Expoでの杉本製茶
杉本製茶USA社長 杉本恭平氏 パウダー煎茶も予想以上の反響でした
来場した、人々に試飲していただき、どのようなお茶が飲みやすいか・興味があるかなど直に聞くことができ大変参考になりました。 弊社の「のんじゃお(アメリカ名:Powder Sencha)」も予想以上の反響をいただきました。
杉本製茶のブース  
世界緑茶協会様のブースの一角を借りて開いた、弊社のブースです。世界緑茶協会様のブースには杉本製茶以外の日本の企業も2社参加しました。静岡県お茶室青島様大変お世話になりました。

 

     
  イベントINDEXに戻る  
  ページTOPへ  
www.shizuoka-tea-no1.net
Copyright(C) Sugimoto Seicha., Co. Ltd. All Right Reserved.