杉本製茶
ショッピング お問合せ
 
静岡のお茶を手摘み&昔ながらの手揉みで!

平成25年度4月16日
今年も新茶の手揉み会が行われました。

今年も素晴らしい新芽が出来ました!例年より少し早い時期です。暖かい日が多く芽吹きも早かったですね。

綺麗に芽が出た茶園から丁寧に手で摘んでいきました。
上の写真が手伝っていただいた農家の方々です。
さすが熟練の技! あっというまに茶葉が集まりました。


製茶の工程「蒸し」
この蒸しの時間で甘み、香りが変わってしまいます。

蒸した茶葉の熱を冷まします。
製茶の工程「茶ぶるい」
空揉みで乾燥させる準備をします。
製茶の工程「回転もみ」
大きく水分を飛ばしていきます。形も形成しつつ全体的に仕上げます。
製茶の工程「重回転」
水分が外に出てきているので塊にしていきます。
製茶の工程「揉捻」
茶葉が1本1本包まれたように回転させ、捻りこみます。
製茶の工程「中火上げ」
1葉がそれぞれ針金状になるように部分的に揉み上げます。
製茶の工程「玉解き」
中火上げで玉状になってしまったもを解きほぐします。
製茶の工程「こくり」
お茶の形になってきました。初心者の私もやってみましたが、この形に」なかなか出来ない!熟練の技を痛感しました。

製茶の工程「乾燥」、出来上がり
乾燥し針金状になり茶葉が出来上がりました。これがこの地方に伝わる手揉みの作業です。機械もない時代は毎年この作業が行われていました。
手揉み保存会の方々の集合写真。
来年の新茶もステキな茶葉を揉み上げましょう!

来年もやりますよー!

     
  イベントINDEXに戻る  
  ページTOPへ  
www.shizuoka-tea-no1.net
Copyright(C) Sugimoto Seicha., Co. Ltd. All Right Reserved.